トップページご案内建築士事務所協会とは? 講座・セミナーリンク
役員・組織図委員会建築士事務所(正会員)検索 賛助会員会員ページ
sample  会長  櫻川 幸夫

益田縄手(ますだなわて)は福井市の東方、足羽郡の人で東大寺造営以後は、石山寺や西大寺の造営にも関与したとされる大工棟梁です。文献には地方出身ながら、技術をもって「内位に昇進」した特異な官人であるとあります。

福井インターチェンジから東の方、朝倉遺跡を訪ねる篠尾町天神の国道158号線交差点のすぐ左手の田んぼの中、そこにポツンと約16トンの心礎が一本の立看板とともに横たわっています。

此処こそ、福井平野一円に「生江」の文字の入った墨書土器が出土しているその本拠地であり、一般には篠尾廃寺跡と呼ばれている所です。その字名は塔垣地(トガイチ)。
周囲付近の一帯は晩燈、心礎の南側は舞台、山辺には烏帽子ヶ池などと呼ばれ、古代にあって東大寺の要職にあった生江東人(従五位下)らの生活ぶりが窺える地名が今に残っています。

塔の心礎中央には直径88cmの心柱のための心座があり、さらに直径25mm×深さ25mmの舎利孔が彫られています。

心柱の"細長比"から推定して五重塔らしいとの事ですが、兎に角、奈良時代に私達の土地から東大寺の造成を任せられ、のちにその技量を買われてさらに石山寺へと迎えられていったこの事実は、私たち福井人にとっては胸のすく思いです。

付近の山には、のちに永平寺を開かれた道元禅師を迎えた寺もあり、その永平寺三世で福井市稲津出身とされる撤通義介禅師は道元禅師なきあと、二度入宗し中国から玄源左エ門を呼び七堂伽藍を建てました。彼は日本へ帰化した大工棟梁であり、永平寺大工の源流をつくり、今の「越前民家」の切妻風景の村落を思えば、その礎石の語り伝えるところは際限がありません。

私達もこの久遠の塔の輝きに少しあやかりたいものです。

設計と施工が同一の時代のうらやましい気持ちでもありますが、会員の皆様と古代の彼等に負けずに、と申し上げご挨拶といたします。

正会員(福井県知事登録の建築士事務所開設者) 242事務所
賛助会員(個人または法人でこの会の目的及び事業に関す
るもの)
90事業所
ページトップへ
正会員 年会費…48,000円(入会時入会金…20,000円)
賛助会員 年会費…20,000円(一口)
  1. 会報「建築士事務所」(一社)日本建築士事務所協会連合会発行(毎月正会員のみ)
  2. 会報「建築設計福井」当協会発行(年2〜3回)
    メールマガジン「すみながし」(各月)
    会報には建築士法、建築基準法等関係法令の改正、行政技術等の情報及び協会会員の動向等が幅広く掲載されています。
  3. 全国大会参加、研修見学会の実施(全国有名建築物見学、会よりの費用補助。正会員のみ)
  4. 会員交流会の開催(年賀会、賛助会員との懇親会))
  5. 会員名簿の無償配布(県内登録事務所を網羅)
  6. 技術図書の斡旋、技術講習会の受講等について費用の割引
  7. 国土交通省、県等の行政指針、通知等について速報
当会に入会を希望される場合には、下記の申込書に記入・押印のうえ事務局まで郵送またはご持参下さい。
 正会員申込書(PDF形式:127KB)
 賛助会員申込書(PDF形式:87KB)
ページトップへ
会長挨拶
当協会の会員状況
会費について
会員へのサービス
入会方法
福井県木造住宅業務 登録者リスト
書類ダウンロード
住宅診断制度
苦情解決業務
福井県耐震診断等評定委員会
マップへ
お問い合わせ