トップページご案内建築士事務所協会とは? 講座・セミナーリンク
役員・組織図委員会建築士事務所(正会員)検索 賛助会員会員ページ

住宅診断制度運用開始のお知らせ

福井県住宅診断制度が平成25年9月20日より運用を開始しました。
当制度を運用する制度運用団体として当協会が県と協定書を締結すると共に、協会に所属する建築士事務所等の40名の建築士が「福井県住宅診断士」として登録されました。 中古住宅の住宅診断を実施し、円滑な運用を促進してまいります。

住宅診断制度とは

第三者による中古住宅診断を実施し、品質や性能を明らかにすることにより中古住宅の持つ品質や性能に対する不安を解消し、良好な中古住宅の住宅市場への流通促進を図ることを目的としています。

住宅診断の流れ


福井県住宅診断制度のお知らせ


ページトップへ

住宅診断制度の対象

対象となる中古住宅

『竣工日から2年を経過している』または『既に人が住んだことがある』一戸建て住宅で、現在居住していないもの

診断を申し込むことができる方

上記対象の中古住宅の所有者

住宅診断の内容

一般診断

対象建物の屋外、屋内および設備の劣化事象の有無について目視により確認を行う。(必要に応じて触診、打診、計測等実施)

ふくい空き家情報バンク登録に係る調査

ふくい空き家情報バンク(ホームページはこちら)への登録に向け、当該住宅および周辺の状況等に関する調査ならびに一般診断項目以外の建物の状況についてあわせて確認を行う。

ページトップへ

住宅診断の費用

住宅診断に要する費用は申請時に必要となる。対象となる中古住宅の延床面積および設計図書の有無により以下に定めるとおりとする。

延床面積 設計図書有 設計図書無
175u未満 54,000円 64,800円
175u以上 64,800円 75,600円
診断料が補助されます

ページトップへ

申込

※福井県住宅診断申込みに係る確認書を確認・同意の上、お申込み下さい。

同意事項

  1. 住宅診断を実施する日時の調整に協力すること。
  2. 住宅診断の実施にあたり、原則として立会いをすること。
  3. 住宅診断の実施にあたり、建築時の建築確認申請書類および図面の貸与や改修履歴の報告等、必要な情報提供を行うこと。
  4. 住宅診断の実施にあたり、点検口の有無の事前確認や家具等の障害物の移動等、住戸内の立入調査の円滑な実施に協力すること。
  5. ふくい空き家情報バンクへの登録に協力すること。
  6. 住宅診断を実施するうえで知り得た診断申込者および中古住宅に関する情報を、県、制度運用団体および住宅診断士で共有すること。

了承事項

  1. 住宅診断は、あくまでも到達可能な地点から、目視で確認できる範囲内での劣化の度合いや機能を確認するものであり、確認できない不具合等が隠れている可能性があるほか、瑕疵の有無の判定や、瑕疵が無いことを保証するものではないこと。
  2. 住宅診断は、物件の保証、設計図書との照合および各種法律等の適合性を確認するものではないこと。
  3. 住宅診断は、耐震性能や省エネ性能等の住宅の個別の性能項目について、当該住宅が保有する性能の程度を判定するものではないこと。
  4. 次に掲げる場合には、住宅診断の対象である箇所について住宅診断を実施できない可能性があること。
    1. 容易に移動できない家具等の障害物がある場合
    2. 床下点検口および小屋裏点検口が無い場合
    3. 天候や住宅の建て方の影響等により診断箇所を十分に確認できない場合
  5. 診断結果の報告は、住宅診断を実施した時点での中古住宅の状態を記載したもので、継続的に内容の有効性を保証するものではないこと。
  6. 住宅診断に要する費用については、申請時に想定していた額と異なる場合があること。

福井県住宅診断申込書


ページトップへ

問い合わせ先

住宅診断申込みについて

     一般社団法人 福井県建築士事務所協会 0776-54-1552

住宅診断制度全般/ふくい空き家情報バンクへの登録について

     福井県土木部建築住宅課 0776-20-0506
     ホームページはこちら

ページトップへ
福井県木造住宅耐震促進協議会
書類ダウンロード
住宅診断制度
苦情解決業務
福井県耐震診断等評定委員会
マップへ
お問い合わせ